確定申告を忘れたときのペナルティとは?

FXで得た利益も確定申告を

万が一確定申告の期限3月15日を過ぎてしまうと、もしくは脱税してしまうとどの様なペナルティが発生するんでしょうか?

前ページでも書きましたが、確定申告の期限である3月15日を過ぎて申告をしていなかった場合、
恐怖の罰則(ペナルティ)が課せられてしまいます。

ここでは主にどの様な物があるか見て行きたいと思います。

ペナルティその① 「無申告加算税」

これは本来申告・納付すべき金額の内、50万円を超える場合は上乗せで20%加算されます。
該当する金額が50万円までの場合では上乗せ15%加算となり、いずれにせよ当初の金額に応じて過分に払う金額が発生してしまいます。

ペナルティその② 「延滞税」

読んで字のごとく延滞した分の税金が上乗せされます。2ヶ月を一つの基準として、以内であれば「年上乗せ4.5%」加算される事になり、2ヶ月以上延滞した場合は「年上乗せ14.6%」
もの金額が加算されてしまう事になります。

ペナルティその③ 「重加算税」

もし確定申告をせず脱税の範疇で悪質とみなされた場合は、更に40%もの加算が発生してしまいます。

例)当初500万円の納税義務があった場合、それを確定申告せずに3年放置したとしましょう。
すると、恐ろしい事に上記ペナルティだけでざっと500万円もの金額が上乗せされてしまう計算になります。
言い方を変えると、当初500万円の支払い義務を怠ったばかりに更に余分に500万円を支払う義務が生じてしまうと言う事になります。

額が額なのでやはり恐ろしいですね。
この様な事態に陥らないように注意しましょう。

おすすめの記事

家計簿と女性

豚の貯金箱