サラリーマンのためのFX税金

FXで稼いだ額を会社にバレないようにしたい

儲かると楽しいはずのFXも、あまり稼ぎすぎると心配になるのが税金。FXで儲けすぎたサラリーマンが最も気にするのが「会社にバレないのかな?」ということでしょう。

FXが会社にバレない方法とは?

頑張ってもたいして給料くれない会社が、社員がFX、株など資産運用で自己防衛することを否定する権利はないと思いますが、組織というものはスキあらば足を引っ張ろうとしている人たちやウワサ大好きな人たちばかりですから、会社にバレないに越したことはありません。
とりわけFXで得た所得を会社に知られずに居たいと言う気持ちは殆どの方がお持ちなんではないでしょうか。

住民税は稼いだ翌年に会社に天引きされますから、昨年FXでたくさん稼いだ人は、今年6月から急に住民税が増えますので、確実に人事にバレます。

しかし、ご安心ください。FX取引を行う上でも正規の手順を踏むことで会社にバレずに自分で住民税を納める手法があります。ポイントは確定申告する際に”特別徴収”ではなく”普通徴収(自分で納付)”を選択することです。こうすることで、直接個人から住民税が徴収されることになります。

ただし、税務署の方針によっては普通徴収にチェックが入っていても面倒だから特別徴収にするといった方向でやっているところもあるそうなので、確実にというのであれば税務署の担当者にしっかりと確認、普通徴収でと申し入れをしておくと安心でしょう。

重要なのは源泉徴収票の見かた

FXに限った話ではないかもしれませんが、源泉徴収票は大事です。
ちょっとした紙切れなので、あまり見ずに捨ててしまったりしている方がいるかもしれませんが、きちんと見ておかないと損をしてしまう可能性がありますので、これだけはというポイントについて解説しておきます。

見るべきなのは1点のみで、控除対象配偶者、控除対象扶養親族の欄に、きちんと自分の扶養している家族がカウントされているかどうかということです。原則として年間の合計所得金額が38万円以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)といった条件がありますが、以下のように控除の額がとても多いので、ちょっとしたカウントミスで10万円、20万円という差につながります。

一般の控除対象扶養親族(※1)38万円
特定扶養親族(※2)63万円
老人扶養親族(※3)
同居老親等以外の者 48万円 同居老親等(※4)58万円

※1「控除対象扶養親族」とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。
※2特定扶養親族とは、控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の人をいいます。
※3老人扶養親族とは、控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が70歳以上の人をいいます。
※4同居老親等とは、老人扶養親族のうち、納税者又はその配偶者の直系の尊属(父母・祖父母など)で、納税者又はその配偶者と常に同居している人をいいます。
※5同居老親等の「同居」については、病気の治療のため入院していることにより納税者等と別居している場合は、その期間が結果として1年以上といった長期にわたるような場合であっても、同居に該当するものとして取り扱って差し支えありません。ただし、老人ホーム等へ入所している場合には、その老人ホームが居所となり、同居しているとはいえません。

会社によっては扶養家族に対して手当を支給しているところも多々ありますから、しっかり入っているかどうかは確認しておいた方が良いでしょう。せっかく自分の父母を扶養しているのに、面倒だからといって申告しないと控除が受けられず損をしてしまいますからね。

もし、FX初心者で疑問に思うことがあれば経理担当者にちょっと確認するだけで10万円、20万円といったお金が違ってきますので、覚えておいていただければ幸いです。

おすすめの記事

家計簿と女性

豚の貯金箱