危ないFX業者の見分け方

沢山の金貨

FX業者の中には危険なものも存在する

簡単に危険なFX業者を見分けられるポイントがいくつか有りますので、
このサイトを見てくださっている皆様だけに、こっそりお教えいたします。

ポイント①
トップに関する情報が公開されているかどうか

トップは誰ですか?どんな方ですか?
トップの経歴や考え方が公開されていますか?

トップの人格や手腕まではなかなか公表されておらず、しっかりと調べないと分からないですが、
(そこは私が調査しているので安心してください)

少なくとも、トップに関する情報が公開されているのかどうか。
情報が公開されていないFX業者はちょっと怪しいと普通は思いますよね?

これで大半のFX業者を選別することができるはずです。

ポイント②
親会社やグループ企業が信用できるか

そのFX業者の親会社はどこの会社でしょうか。
どの企業グループに属しているでしょうか。
その親会社やグループは信用できますか?
(独立系の会社であれば、親会社は存在しないので、その会社のみで信用力を判断する必要があります)

FX業者の見分け方として、信託保全がどうとか、難しい言葉で解説している専門家がおりますが、
結論、そこは問題ではありません。

私達が結婚相手を選ぶときを想像して下さい。
相手の親がどんな人か、どんな育ちか、どんな経歴か…。
それと同じです。

FX業者を選ぶ時にも、相手のトップがどんな人か、どんな経歴か
そこさえチェックできれば最低条件はクリアです。

FX業者を判断するときには、規模やイメージに惑わされずにあくまで人物本位(トップ・役員・従業員)で判断します。
人物本位で判断すればあまり間違いはありません。

おすすめの記事