無職の人向けFXの確定申告で気をつけること

FXの確定申告は重要な項目

FXで稼いだ後には無職の人でも確定申告などの注意点が出てきます。

無職の人に向けたFXにまつわる税金Q&A

Q:無職の人だと確定申告が必要になるのはいくらから?

無職の人の場合確定申告が必要になるのはFX利益+38万円からとなります。給与所得者の場合は一般的にFXでの利益が+20万の所が、金額に差異があると覚えておきましょう。

Q:家族間にはどの様な影響が?

基本的に無職の場合だと世帯主の扶養に入っている場合が多いと思います。FX利益は年間38万円以上の利益を出してしまうと扶養から外れる事になってしまうので、あらかじめその認識をもっておきましょう。

Q:税金としてどのくらい引かれるのか?

気になるののはFX利益の内どの程度税金で引かれてしまうのかと言う部分だと思います。ざっとになりますが概ね50万円稼いだ場合は引かれる所得税は6千円程になります。
38万円の壁を越えた場合でもいきなり高額の納税金が発生するわけではありません。

Q:無職の人でもどの様な節税対策が出来るの?

無職でFX利益を出している人のその中で節税対策は出来ます。具体的にはスワップ差損益や為替差損益から必要経費を差し引いた形になります。FXで利益を出すために購入した書籍代やPC代等も経費として認められる場合が殆どです。

ポイントはFXトレード用にと言う点です。

Q:申告をしなかった場合どうなるの?

基本的にどのFX業者と取引しても全て税務署では把握しています。これは支払調書がFX業者から税務署に提出されているためです。自己申告をしなかった場合厳しい罰則が課せられる事になります。

おすすめの記事