FXと外貨預金ってどっちがお得?

FXと外貨預金の違いとは?

FXと同じように外国の通貨を使って、取引をする投資方法に「外貨預金」というものがあります。
外貨預金とは、日本円を銀行や信用金庫に外貨(米ドル・オーストラリアドル・南アフリカランドなど)に変えて、預けるというものです。

なぜそんなことをするかというと、これはFXも同じで、日本円は非常に金利が低い通貨ですが、海外ではもっと金利の高い国もあるのです。つまり、日本円でいくらお金を預けていても、ほとんど増えませんが、外国でお金を預けていれば、金利によって利益を得ることができるというわけです。

では、FXと外貨預金は何が違うのでしょうか。
まず、扱っている会社が違います。外貨預金は銀行や信用金庫に預けますが、FXはFX会社や証券会社を利用します。また、もっとも大きな違いは、「レバレッジ」が使えるかどうかという点です。

レバレッジとは、自分の資金を元に、何倍もの金額の取引きをすることができるというものです。
例えば、あなたが10万円の資金がなかったとしても、10倍のレバレッジをかければ、100万円分の取引きができるというものです。しかし、外貨預金は日本円を銀行に預けるのと同様に“預金”になりますので、このようなレバレッジを使うことはできないのです。

FXと外貨預金、お得などっち?

それでは、FXと外貨預金、外貨投資をするのであれば、どっちがお得なのでしょうか?
2つの視点が見てみたいと思います。

<為替手数料 スプレッド>
外貨預金の場合、為替手数料というものが発生します。
これは銀行によって異なりますが、大体片道、1ドルあたり数十銭~1円ほど掛かってきます。数字だけ見ると少なく感じますが、“1ドルあたり”なので、投資金額で考えると結構な手数料が掛かってきます。

為替手数料は、もちろんFXにも掛かってくるのですが呼び方が変わって「スプレッド」と呼んでいます。
FXを勉強している人であれば、耳にしたことがあるかと思いますが、ここ数年FX会社は、各社競ってこのスプレッドを下げまくっているのです!米ドルであれば1ドルあたり0.3銭とか、キャンペーンを使ってもっと少ない会社もあるほどです。

為替手数料(スプレッド)だけを見ても、FXは外貨預金よりも数10倍も手数料がお得ということがわかるかと思います。

<利ざや>
また、銀行が「利ざや」というものを取るのはご存じでしょうか?

例えば、私たちが預金をして1%の利息をもらえるとします。銀行は、預金してもらったお金を、企業に融資したり運用したりして増やしています。この時、銀行は、私たちにつける利息の1%よりももっと高い収益を上げています。
当然ですね。その差額が銀行の利益になり、それを利ざやと呼びます。

さてこの利ざやは、外貨預金にも当然あります。実際には3%の利益を銀行が得ているのに、私たちにつける利息は1%か2%くらいしかない、ということもあります。これに対して、FX会社は、小数点以下のほんのわずかな薄い利ざやしかとっていません。

為替手数料(スプレッド)と利ざやの点から、外貨預金よりもFXの方がお得ということです。もちろん、FXにも外貨預金にもリスクがあるのは同じです。きちんとリスク管理をして、健康的な投資を目指しましょう。

おすすめの記事